棚田米・としあきの米

商品検索

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。

商品詳細検索へ >>

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートをみる 会計
お米の美味しい焚き方


同じ米を使っても研ぐ人によって、炊き上がりの味が違います。
こつを整理してみました。


1.米を正確に計量し、すばやく研ぐ

お米のまわりに付いたヌカと汚れを取るために、最初はたっぷりと水を入れて、サッとかき回し、白くにごった水をすぐに捨てます。
2回目からは手のひらを押し付けるようにして米を研ぎ、水を注いで濁った水を捨てます。この作業を3回くらい繰り返すと、お米の表面がツルツルとして研ぎあがります。
時間を掛け過ぎると、ヌカ臭いご飯になってしまいます。すばやく研ぐことがポイントです。


2.水加減を正確に、しっかり浸す

美味しいご飯を炊くには、お米の芯までたっぷりと水を浸透させることが大切です。そのために冬場なら1〜2時間、夏場でも30分くらいの時間が必要です。
好みの硬さにするには、毎日の水加減が大切です。また、新米の場合は水量を減らすことも必要です。(釜・水量・浸す時間により、好みの微調整も)


3.炊き上がったご飯を蒸らして、水分を飛ばす

炊飯器でご飯が炊き上がっても、ご飯の芯の部分は炊けていません。10〜15分くらい蒸らすことが必要です。
ご飯が蒸らしあがったら、釜の周辺に沿ってしゃもじを入れ、炊き上がったご飯を潰さないように素早く混ぜます。(シャリ切り)これは余分な水分を飛ばして、釜の場所によってムラがあるご飯の味を、平均にするためです。


一口メモ

 ・炊飯を急ぐときは、ぬるま湯に10分くらい浸してから炊飯を開始して下さい。
 ・保温の限界は5時間くらい。それ以上は電気代も高くなり、味覚も落ちます。
 ・長時間保温するなら、1繕づつ位をラップして、冷凍保存することを勧めます。
 ・普通にご飯を炊くと2〜2.5倍に増えます。


これらを参考にして、美味しい『魚沼産コシヒカリ』をご賞味ください。